Urosystemlogo.png
膀胱癌 - 可能性のある病徴

膀胱がんは年間約 55 万人近くに発症し (世界全
体)、男性では 6 番目に、女性では 17 番目 に多いがんです。[1] 筋層非浸潤性(表在性)の疾患では、膀胱内 注入 が再発を抑える効果的な方法であり、最も頻 繁に使用される薬剤は BCG(Bacillus Calmette-Guérin)とマイトマイシンです。 [2][3]。ゲムシタビンとバールビシンは一 般的にはあまり使用されておらず、 前者は効果は低いですが、副作用が少なく、 後者は BCG に反応しなかった場合に適用され ることがあります。治療は通常 6 週間続き (1 週間に 1 回の注 入)、その後の維持療法は病理学的病期にも よりますが、1~2 年間(注入の頻度は減らし ながら)継続します。 一部の専門医は、経尿道的膀胱腫瘍 切除術後に 1 回の注入が 再発の可能性を下げることができるのではな いかと示唆しています。[4]

理論的には、UroDapter®を使用した 局所化学療法を実施することは、腫瘍細胞が 新たに発生する可能性のある尿道にも薬剤が 影響を与えるので有益だと考えられます。 この

適応症の認定には、さらなる臨床試験が必要 です。

実際には男性患者に 指摘しなければならない問題があります。尿 道内 圧が高い場合、薬剤が精索に入り、生殖腺に も到達する可能性があります。化学療法薬の 生殖腺への影響やリスクを正確に認識 するためには、さらなる研究が必要とされて

います。一方、女性は解剖学的に異なり、同様の問題は発生しないので、UroDapter® を使用できます。

[1] https://www.wcrf.org/dietandcancer/cancer-trends/bladder-cancer-statistics

[2] https://www.healthline.com/health/bladder-cancer/bcg-treatment-for-bladder-cancer

[3] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20562793

[4] https://www.eu-focus.europeanurology.com/article/S2405-4569(18)30189-5/fulltext

住所

1137 Budapest, 

Szent István park 26. fszt. 2.
Hungary

お問い合わせはこちらまで。

© 2020 by Urosystem Ltd.