Urosystemlogo.png
その他の用途・効能

 

過活動膀胱症候群(OAB)は、頻尿や夜間頻 尿を伴うことがよくある 尿意切迫の状態です。切迫性尿失禁(尿漏れ )が起こることもあります。この疾患を説明 するために使用される基準が異なるため、そ の有病率はほとんど定義されていません。一 部の情報源では、男性では 30%、女性では 4 0%とされています。[1]

OAB は男女ともに発症する可能性があり、女 性や高齢者に多く見られます。ほとんどのガ イドラインによると、適切な治療法は、食事 とライフスタイルの変更(例:特定の食物群 を避ける、体重を減らすなど)、膀胱トレー ニング、内服薬、および神経刺激で構成され ています。[2]

残念ながら、 患者が特定の治療法に反応するかどうかを予 測することはできません。侵襲性の低いすべ ての方法が症 状の改善に失敗した場合、一般的には 膀胱内治療が推奨されます。多くの薬剤が試 されています:
オナボツリニウムトキシン A(ボツリニウム トキシン、ボトックス)は、複数の部位の膀 胱筋層に注入する薬剤で、最も頻繁に投与さ れています。[3] ボツリニウムトキシンは、膀胱の筋肉を過剰 に刺激し、尿意 切迫感の原因となる神経を落ち着かせます。 この薬は UroDapter®によって注入することも できます。

 

留置カテーテルは、様々な異なる理由で 年間 500 万本が使用されています。[4] しかし 前述したように、これらのカテーテルは感染 症の原因となることがよくあります。さら に、 カテーテル自体が粘膜病変(挿入時、抜去時)を起こすこともあり、これも感染症やその 他の合併症のリスクを高めます。[5][6] GAG 層補充液を定期的に 注入することで層自体が強化される可能性が あり、合併症の予防に有効な方法であると考 えられます。この療法に ついては、さらなる研究と検査が必要です。

診断の分野においても、UroDapter®の用途は 可能性を持っています。 例えば、逆行性尿道造影検査は、通常、画像 化のための造影剤を送達するカテーテルを用 いて行われます。いくつかの例では、これら の材料を尿道に投与することにより、追加の 情報を明らかにすることができます。

 

局所麻酔薬としてのリドカインは、様々な異 なる症状において膀胱に注入されています。 治療を受ける症状に関 係なく、UroDapter®はリドカインの 送達に役立ちます。多くの泌尿器疾患では、 患者は尿道の痛みも 経験するため、薬剤が尿道にも影響を与える ことは、さらなる利点でもあるのです。

 

[1] https://www.urologyhealth.org/urologic-conditions/overactive-bladder-(oab)

[2] https://www.medicalnewstoday.com/articles/316887.php

[3] https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S002253471403955X

[4] https://www.urotoday.com/urinary-catheters-home/indwelling-catheters/description/indications.html

[5] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4673556/

[6] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4985380/

住所

1137 Budapest, 

Szent István park 26. fszt. 2.
Hungary

お問い合わせはこちらまで。

© 2020 by Urosystem Ltd.