Urosystemlogo.png
腫瘍治療の合併症 出血性膀胱炎(HC)について

 

出血性膀胱炎は、膀胱が炎症を起こし、その 粘膜が出血している状態の総称です。細菌感 染のない症状の表現形が類似、または 同一なため、「膀胱炎」という病名は 多くの専門医によって様々な 状態につけられています。 出血は、顕微鏡的なもの(グレード 1)、目 に見えるもの(グレード 2)、目に見える 小さな血栓(グレード 3)、または尿の流れ を妨げるのに十分な大きさの血栓(グレード 4)があります。[1] 出血のほかに、最も一般的な症状としては、 排尿の頻度や尿意切迫感の増加、夜間頻尿 、痛み(特に排尿 時)、膀胱のコントロールができなくなるこ とが挙げられます。また、合併症として感染 症もしばしば起こります。

一部の細菌感染症は出血性症状を引き起こす 可能性がありますが、 、ほとんどの患者は抗菌治療に反応します。 したがって、これらの感染症が慢性および/ または再発性の

HC につながることはまれであると考えられま す。産業界で使用されている特定の化学物質 (例えば、アニリンおよびトルイジン)も HC を引き起こす可能性があります。通常、患者 のこれらの有害な物質への曝露が止ま ると、この症状は消失します。[2]

いくつかのウイルスが HC を引き起こす可能 性もあります。しかし、この疾患の多くは 幼少期に発症するか(この場合、数日で消失 する)、または患者の免疫系が著しく損なわ れている場合(例えば、骨髄移植または腎移 植後など)に発症します。[3]

それにもかかわらず、出血性膀胱炎が出現す る二つ の最も一般的な状況は、広く使用されている 腫瘍治療法に関連しています。出血性膀胱炎 は、化学療法または放射線療法の後に発症す ることがあります。したがって、これらの状 態は、それぞれ化学療法膀胱炎および放射線 膀胱炎と呼ばれます。 なお、出血性膀胱炎の定義は曖昧であり、著 者や国によって違いがあり、原因に関係なく いくつかの疾患を HC と表記していることが 指摘されています。ここでは、この概念によ り後者の二つの、がん治療後 の状態を意味することとします。

特定の化学療法薬、 特にシクロホスファミドやイホスファミドな どのオキサザホスホリン系化合物が頻繁に HC を引き起こします。 。これらの薬剤は、固形腫瘍およびリンパ腫 の治療を含むいくつかの化学療法プロトコー ルで広く使用されています。[4][5] 米国で最も多い 10 のがん[6]において 、(( )内は頻度)乳がん(1 位)、肺がん (2 位)、膀胱がん(6 位)、非ホジキンリ ンパ腫(7 位)、白血病(10 位)にシクロホ スファミド及び/又はイホスファミドの投与 が可能であることは指摘する価値があります 。白血病については、副作用として膀胱炎を 発症する可能性が 30%あります。[7] さらに、HC を発症する可能性があるのはこれ らの化学療法薬だけではありません。

 

これらの薬剤で治療された患者の HC の発生 率に関するデータは議論の余地があり、発生 率は 7~53%と言われており、約 0.6~15% の患者が重度の出血を経験しています。[8] 実際、がん治療の多くの症例で、薬剤が膀胱 で毒性を発現し、その投与量が制限されてい ます。 骨盤部の放射線治療後の放射線膀胱炎の発生 率は 11~20%です。[9]

シクロホスファミドやイホスファミドの場合 、通常は初回投与後に症状が現れ、4~5 日間 続きます。[10]

一方、ブスルファンのような他の特定の化合 物は、投与 から数年後に化学療法膀胱炎を引き起こす可 能性があり[11]、また 放射線膀胱炎として現れる放射線治療の副作 用は、10 年後、20 年後にも発生する可能性 があります。[12]

現在のガイドラインでは予防の重要性を強調 しています。十分な水分摂取、持続的な膀胱 洗浄 (生理食塩水、アルカリ化の有無にかかわら ず)、高気圧酸素療法、メスナ(スルフヒド リル化合物)の投与、ヒアルロン酸ナトリウ ム膀胱内投与(GAG 層補 充)などが最も一般的に用いられています [13]、[14][15][16]

しかし、それらの 有効性に関するデータには賛否両論がありま す。
ほとんどのガイドラインにより 、一度診断されると、推奨さ れる治療法は状態の重症度で大きく変わりま す。(例えば[17][18])。 すべての症例において、 血行動態の安定を維持しなければならないた め、輸血が必要になることもよくあります。 軽症の場合は、水分補給、利尿薬の静脈内投 与、鎮痛剤、抗コリン作用のある膀胱薬で十 分な場合があります。持続的な膀胱洗浄 も有効と考えられています。

 

より重症な場合 、他の方法の中でも膀胱内治療が頻繁に行わ れます。化学療法による膀胱炎の治療は通常 数日ですが、放射線療法による膀胱炎の場合 6 ヵ月以上続きます。[19] 出血を防ぐためには、いくつかの薬剤が知ら れています。アミノカプロン酸(アミノ酸リ ジンに類似)は、プラスミノーゲンの活性化 を阻害し、血液凝固を増加させます。[20]

ALUM(硫酸アルミニウムアンモニウムまた は硫酸アルミニウムカリウム)は、タンパク 質の沈殿を引き起こし、毛細血管の透過性を 低下させます。[21]硝酸銀は化学凝固を引き 起こします[22]。毒性の強いホルマリンは、 患者が他の治療に反応しなかった 場合にのみ使用されます。 いくつかのガイドラインによれば、その前に 患部の高周波療法を行うべきとあります。

後年、専門医はGAG 層の補充にも力を入れるようになってき ています。ヒアルロン酸、コンドロイチン硫 酸、ペントサンポリ硫酸ナトリウムはすでに HC の治療に使用されています。[23][24][25]。プロスタグランジンやエストロゲンも 投与されてはいますが、その結果には議論の 余地があります[26][27][28]。 UroDapter を使用し
GAG 層の補充を行うことは、適応症自体にか かわらず、間違いなく効果的な方法です。

[1] https://www.healthline.com/health/hemorrhagic-cystitis

[2] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/628051/

[3] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18519018/

[4] http://chemocare.com/chemotherapy/drug-info/cyclophosphamide.aspx

[5] http://chemocare.com/chemotherapy/drug-info/ifosfamide.aspx

[6] https://www.healthline.com/health/most-common-cancers

[7] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2643320/

[8] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2938536/

[9] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31201826

[10] https://www.uptodate.com/contents/hemorrhagic-cystitis-in-cancer-patients

[11] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=6576177

[12] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2403595

[13] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8315426/

[14] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8501819/

[15] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1941060/

[16] https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/2051415813512647#

[17] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2938536/

[18] https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/2051415813512647#

[19] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK470594/

[20] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1523745/

[21] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3676666/

[22] https://www.uptodate.com/contents/hemorrhagic-cystitis-in-cancer-patients/abstract/102

[23] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20562794

[24] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18751498

[25] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=15476520

[26] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7801847?dopt=Abstract

[27] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2162975

[28] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=28286609

住所

1137 Budapest, 

Szent István park 26. fszt. 2.
Hungary

お問い合わせはこちらまで。

© 2020 by Urosystem Ltd.